市場の相関と売買の方向

市場の相関と売買方向 FX株価指数の今後と経済指標をこれ一本で攻略

株価指数と為替には値動きの基となるデータがあります

取引する市場のチャートパターンや高値安値だけで判断するのではなく、
値が動く原因や強さを把握した上で改めて見直す事で、為替も株もよく方向性や値動きが見えるようになります。

これはファンダメンタルズ分析とも近い話ですが、私の場合、
それぞれのデータをチャートに落とし込んだものを利用します。

チャートというのは「数値や価格のこれまでの流れを時間軸と合わせて縦軸横軸にしたもの」を言いますから、
一目で傾向と重要な数値が分かります。

つまり、難しく見えて実はそうではない。

  1. 値動きに影響を与えるデータ(景気、物価、雇用、他財務など)のチャートを見る
  2. 取引する市場との相関関係を把握しておく
  3. 取引する市場の売買方向と強さを測る

この3段階。それが今回の話、「市場の相関と売買方向 FX株価指数の今後と経済指標をこれ一本で攻略」です。

株価指数と為替の今後の動向を見通すための講座

市場の相関と売買の方向
市場の相関と売買の方向(7月の全体ミーティング)

全体ミーティング7月30日では、市場の相関について話します。※全体ミーティングは「マンツーマントレードコンサルプラン」で毎月開催している特別レッスン。

7月の会では「いくつかの経済指標や政府機関の財務指標を使って、今後を見通す方法」をお伝えしようと考えております。

理解してしまえば難しい事ではないので、是非覚えておいて下さい。

これらの指標についての情報は毎月発表されています。しかし、その重要性にあまり気が付いていないトレーダーも多いのでは?

多くの方に意識されているのは雇用統計とFOMCと消費者物価指数ですが、それだけではありません。

実は、今回使うデータと各市場を合わせてみると、面白い事が分かります。

これらの指標やデータは、株価指数と為替の今後を考える上でかなり重要!

そして、今後どうなるか?についての私なりの結論もお伝えします。

マンツーマントレードコンサルプラン」に参加されている方は、7月30日をお楽しみに!

全体ミーティングでは5月と6月も面白い講義を行いました。

トレードルール作成時の検証の数値について(6月開催分)

トレードルール作成時の検証数値

トレードルールを作る時、検証する必要があります。

ただ、この時検証の数値や意味合い、役割について
理解してなければ検証したところでデータを使いこなせません。

重要な事は、データに基づいて『続ければ勝てる』ルールに仕上げる事。

この講座では検証の数値について学びながら、
あるトレードルールの検証3つを比較し、違いを理解します。

ヒントとしては「勝率高め、勝率50%、勝率低め」があったとすると

あなたならどのトレードルールが良いと思われますか?

勝率とリスクリワード。

例えばこの2つの数値を追求するだけでも、随分見える景色は変わるでしょう。

実際にはほとんど全ての数値の意味について理解出来る講座になっています。

トレード手法の中で何が使える?(5月開催分)

全体ミーティングのイメージ
毎回違う題材をブレインストーミング&結論を導く、参加可型の授業。

各自が使ってる、知っているトレード手法の中でお勧めを持ち出し、実際にどれが使えるのかを検証した会。ベスト5とベスト3を決めました。

様々な裏技?(笑)が飛び出しました。

全体ミーティングはアーカイブもある

全体ミーティングには録画版のアーカイブもあるので、後からでも観直せます。使用したスライドや画像やテキストのダウンロードも可。しかしながら、当日に参加すると直接質問が出来ますし、その時だけの話もあるかも?

株価指数と為替の今後の見通し

7月30日の全体ミーティングでは、時間が余れば『ユーロドルの今後数年間の値動き』を分析してレポートにまとめてあるので、お伝えようと考えています。

先日、半日も掛けて分析しました(笑)。

この分析が当たっていたら・・、相当な価値があるでしょう。

また、本編では株価指数と為替の今後を見通すための指標の見方と、今後の見通しをお話しします。

2023年も半年が終わり、残り半期。

『なるほど!』という、今後の値動きのヒントが幾つも見付かりましたし、
是非お役に立てて頂こうと考えております。お楽しみに!

全体ミーティングは今後も1年間毎月開催予定

また、隔週配信の相場分析「週間展望byリトレースメント」も視聴出来ます。

メインは個別コンサル。
各人に合ったトレードルールを作るのが目的です。

ご要望に応じて、
理解を深めたいトレード手法を個別レクチャー、現在の相場状況をお伝えする事なども出来ます。※当たりはずれはあり

フィボナッチやギャンを使ったトレード手法を深く学ぶなら、このプランが最高でしょう。