5分で分かるFX

5分で分かるFX3話 – レバレッジは何倍が良い?適正レバレッジ について

レバレッジは何倍が良いのでしょうか

再生リスト

レバレッジ1倍とレバレッジ1000倍では全く違う

レバレッジ1倍は外貨預金と同じ。100万円で1万通貨買うのがこれにあたります。

レバレッジ1000倍はその千倍!つまりリスクも千倍です。細かい事を抜きして考えると、100万円の証拠金なら10銭下落しただけで全てが無くなります。ギャンブルですねえ。

スプレッドが小さいFXでレバレッジ1倍で外貨預金の代わりに買う事も出来なくはありません。ただ、あくまで差益を得るのがFXである以上、本当に外貨へ両替出来るような証券会社も少ないですし、もう少しレバレッジを上げて利益を狙いに行きたいところ。

適正レバレッジ

では、適正なレバレッジとはどのくらいの事なのでしょうか。

私の考えでは10倍くらいが妥当かと。日本のFXでは25倍まで掛ける事が出来ます。※2021年時点

10倍というのは、100万円の証拠金があったら10万通貨買うという事になります。10万円なら1万通貨。どうでしょう。レバレッジを張り過ぎていない良い感じですよね。

難しい事を考えずにこれに合わせてもらうと、大損をぶっこく事も少なくなるはずです。

逆に25倍フルでレバレッジを掛けた場合

100万円なら25万通貨買う。10万円で2万5千通貨買う。

どうでしょう。FXトレーダーなら、何となく危険な香りがすると分かって頂けるはず。

もちろんチャンスの時だけは、ここまでは行ける!という具合に考えて頂いても良いでしょう。車が180キロまで出るのに60キロで走っているようなイメージで。

まとめ

レバレッジを適正に保ちましょう。

要点をまとめると、言いたい事はこれだけです(笑)。

レバレッジ1倍は少なすぎ。レバレッジ10倍は適正。レバレッジ25倍はかなり頑張っている感じ。レバレッジ50倍~100倍はリスクが高く、レバレッジ1000倍は…破産。

今日は以上です。また次回。

5分で分かるFXシリーズはカテゴリーから一覧が読めます。

また第一話に再生リストがあり、全ての動画をまとめて視聴出来ます。第一話はこちら